平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。
 岡山県の母なる川(高梁川)の下流「海とロマン良寛ゆかりの地玉島」で、享保年間に綿・海産物の仲買業として創業。明治に入り醤油専業。大正には食酢製造。昭和8年、食の洋風化にともない現在の主力製品タテソースの製造を始めました。
 『実意をこめて、すべてを大切に』をモットーに、「食の安心・安全」はもとより、食の多様化に対応し、お客様のニーズにあったユニークな調味料づくりを心がけ、タテのマークがお料理の良きヘルパーとして皆様に喜んで頂けるよう、社員一同邁進して参る所存です。
 今後ともご愛顧の程、よろしくお願い申しあげます。

 株式会社 豊島屋
 代表取締役 大野 豊

商   号 株式会社 豊島屋
本社所在地 〒713-8122 岡山県倉敷市玉島中央町1-7-8
TEL086-522-2148(代)
FAX086-522-2149
info@teshimaya.co.jp
創   業 1720年(享保5年)
設   立 1948年8月1日
事 業 内 容 ソース、酢、醤油、その他調味料、唐辛子エキスの製造販売  
資 本 金 1000万円  
代 表 者 代表取締役 大野 豊  
従 業 員 19名(2017年3月現在)  
取 引 銀 行 みずほ銀行 倉敷支店  中国銀行 玉島支店  玉島信用金庫 東支店  

 
1720年(享保 5年) 綿・海産物等の問屋として玉島の地に創業
  
1890年(明治23年) 醤油製造販売専業となる
1914年(大正 3年) 酢の製造を始める

大野豊作
1930年(昭和 5年) 現時の地へ酢工場として自立
1933年(昭和 8年) ソースの製造を始める

昭和8年チラシ
1948年(昭和23年) 8月1日 株式会社 豊島屋 設立

初代社長 大野千春
1955年(昭和30年) 岡山営業所開設
1973年(昭和48年) 唐辛子エキス工場新設
1990年(平成 2年) 1月 二代目社長 大野豊就任
1991年(平成 3年) 「料亭だし」新発売
2000年(平成12年) 「超・激辛ソース」新発売
2001年(平成13年) ミニパック自動充填機設置
2002年(平成14年) 岡山営業所本社に統合し、跡地を駐車場に整備
2003年(平成15年) ソース用 ステンレスニーダー 360L(蒸気釜)リニューアル
2011年(平成23年) 勇崎工場用ボイラー リニューアル
2012年(平成24年) 倉敷市伊東市長より「倉敷の老舗」感謝状が贈呈される
2013年(平成25年) 醤油加工品用 ステンレスニーダー 500L(蒸気釜)設置
2016年(平成28年) 本社ボイラー リニューアル
2016年(平成28年) コンパクト充填システムにリニューアル